40代を過ぎると急増?
40代以上の男女8人に1人は「過活動膀胱」

おしっこの悩み、思い当たる症状はありませんか?

  • 急におしっこがしたくなって我慢できない
  • 夜中何度もトイレに行きたくなって目が覚める
  • 尿意を我慢できずに漏らしてしまう事がある
  • トイレが心配でコンサートや映画などに行けない
  • トイレが気になって仕事や家事に集中できない

おしっこの悩みは、大きなストレスとなり、生活の質を落としてしまうことがあります。
40代以上のうち8人に1人は症状するといわれている過活動膀胱は、自分の意思と関係なく膀胱が勝手に収縮し、頻尿や尿漏れを引き起こす病気です。他の病気が原因となって起こることもありますが、多くの場合ははっきりとした原因はなく、検査を行っても異常が見つかることはほとんどありません。

急におしっこがしたくなったり、
1日8回もトイレにいっている場合は過活動膀胱かもしれません

過活動膀胱の主な症状をご紹介します。

頻尿 …1日に、8回以上排尿がある
尿意切迫感
…急におしっこがしたくなり、我慢できず漏らしそうになる感じ
夜間頻尿 …夜寝ているときに、おしっこがしたくなり1回以上起きてしまう
切迫性尿失禁 …急におしっこがしたくなり、トイレに間に合わず漏らしてしまう

このような症状がある場合は、過活動膀胱になっている可能性があります。
また症状によっては膀胱炎や男性の場合は前立腺肥大症の可能性も考えられます。

痛みのない超音波(エコー)検査、飲み薬が中心の治療

クリニックでは、まず問診により症状をお聞きするほか、必要に応じて尿検査やエコー検査を行い診断をしていきます。痛みを伴うような検査はありませんので、不安に感じられた際はお気軽にご相談ください。

治療は主に飲み薬による治療を行います。
尿意などを起こす膀胱の収縮は、アセチルコリンという物質が神経から出ることにより起こります。
このアセチルコリンの働きを抑えるのが抗コリン薬です。
薬を飲み始めてから1週間〜1ヵ月程で効果が現れてきますので、その後は残尿量を検査しながら、薬の量を調節していきます。

保険適用の低周波治療でより効果的な治療もできます

薬による治療だけで効果をあまり感じられない場合は、低周波刺激治療を併せて行うことで、効果をあげている患者様もいらっしゃいます。

当クリニックでは、ウロマスターという器械を使用し、低周波刺激治療を行っています。
1回の治療は約20分で保険証が使えます。(1ヶ月の場合、3割負担で約3,000円)
週に1〜2回の頻度で、1〜2ヶ月間続けることが理想的です。

過活動膀胱は治療のできる病気です。
我慢をせず是非一度ご相談ください。